介護予防ドットコム - 老後の生活サポートサイト -

介護予防ドットコム更新情報

健康長者養成用 商材のご紹介


当サイトでは、介護が必要な状態になってから対策することよりも、
予防することの方がいかに重要かということを伝えています。

理由としては、介護が必要な状態になってしまうと
リハビリしても完全に回復することは困難であり、
回復したとしても相当な努力根気家族の助けが必要となるからです。

しかし、要介護状態には突然なるのではなく、
徐々に徐々に蝕まれていくため、
多くの人は自分が危険な状態になっていても気付くことができません。

そのため、今は何も異常がないから大丈夫ではなく、
現在進行で悪化している可能性があるという意識は忘れてはなりません。

気付いたら手遅れということを防ぐための重要な要因として、
食事に気をつけることと運動をすることが挙げられます。

ここでは、食事に関することで実際に私が体験し、
効果があると判断した商材を紹介します。

食事に気をつけると聞くとサプリメントや、栄養素の高い
高価な食品を思い浮かべるかもしれませんが、
この商材は逆に日々の食費を減らし、かつ健康でいられる方法を
紹介しています。

商材の中では3人家族の平均食費5万程を月に1万円に
することができると謳っております。

私の家族は他と比べて若干沢山食べていると自負しておりますので、
月1万円以内に抑えることはできませんでしたが、
2万円以内(半額以下)には抑えることができました。

さらに仕事をしているときに感じていたダルイ気分薄くなっていることから体の調子が良くなっていることを実感しています。

1ヵ月分の食事の節約分で購入することができる
この商材でさらに自分と家族の健康も購入することができます。

私はこれまで健康について、100万以上掛けて勉強してきましたが、
最も役に立った情報です。

個人的にはこの情報を知ることができただけでも
このサイトを作成してよかったと思ってます。

他の人を救っているという自己満足で作成したこのサイトも
結局は自分が得する結果となりましたが・・・

話がそれてしまいましたが、
家族の健康を守りたいという方にはオススメですので、
よかったら参考にしてください。

あなたの一生の夢を実現させる健康長者養成10日間ナビ

当サイトの説明について


介護予防ドットコムを閲覧していただき、ありがとうございます。

当サイトでは、

介護予防って何??
知らないとどんな危険があるの??

といったような介護予防について全く知らない方を対象に作成しました。

そのため、
・難しい単語や制度を並べる
・長い説明をくどくど記載する
ということはしておりませんので、
安心してください。

また、このサイトは
・介護する側(親が60歳に近づいているまたはそれ以上)
・介護される側(自分の年齢が55歳以上)
の二つの視点より、作成しております。

お時間のある方は、自分の立場ではない視点も
見ていただければと思います。

あなた自身はもちろん、あなたの家族も守れるために
精一杯がんばりますのでよろしくお願いします。

寝たきり状態になるのを防ごう!


高齢者が一度でも寝たきり状態になってしまうと
介護なしでは生きていけれなくなってしまいます。

寝たきり状態が続くと筋力が衰えたり、
生きる活力も薄れてしまうので回復するのは困難になります。

そのため、要介護となる原因を確認し、

・寝たきりになる原因にはどのようなものがあるのか。
・病気になる前にはどのような前触れがあるのか
・病気を予防するためにはどのような食事を摂るべきなのか
・病気を予防するためにはどのような運動を行うべきか

をチェックしましょう。

介護予防を行うことに早すぎるということはありませんから
高齢者の方は今すぐにでも始めましょう!

リハビリして治すことより、
予防して防ぐ方が100倍簡単ですからね。

介護予防を知らないとどんな危険があるの?


結論から言いますと介護予防を知らないと

介護が必要な状態になりやすいため、
介護する側の方が
金銭的なリスク、時間のリスク、労働のリスク
を背負う可能性が高まります。

金銭的なリスクとは、
介護される側の人の状態が悪化した場合に、
老人ホームに入らなければならないリスク(他には車椅子代金など)を指します。

老人ホームの場合、月に約10万円~20万円程掛かってしまいますが、
もし、将来的に年金が貰えないとしたら・・・

時間のリスクとは、
介護に必要な時間です。

介護する人にとっては、仕事があったり、家事があるにも関わらず
介護に時間を割かなければなりません。

また、介護される側の人の症状が悪ければ悪いほど、
必要な時間は増えていきます。

老人ホームに入っていれば症状のレベルにあまり左右されず、
見舞いや服及び下着を持って行く時間だけに抑えることはできます。

労働のリスクとは、
介護するのに必要な労働力です。

介護される側の方に意識があり、状態が悪くなければ大丈夫ですが、
ある程度悪化している場合は、
どんなに疲れていてもどんなに調子が悪かったとしても
誰かが介護をしてあげなければなりません。


あなたが介護される側の立場ならば
自分の子供達にこのようなリスクを背負わせてしまうことを
忘れないでください。

また、人間は
他の人はそうかもしれないけど自分は大丈夫だ
と考え勝ちな動物です。

元気なうちはボケてしまうことや歩けなくなってしまうことが
想像できないと思いますが、
自分が特別だと思わず介護を予防することを考えましょう。

こちらに関しましては、なぜ介護予防は重要なのか
で詳しくお話します。